新しく生まれる事を知る方法。

今晩は。rieruです。

今日は人が新しく生まれる事について。新しく生まれるとは聖書の下記の場所に言及されている。

イエスは答えられた、「よくよくあなたに言っておく。だれでも、水と霊とから生れなければ、神の国にはいることはできない。

ヨハネによる福音書‬ ‭3:5‬ ‭口語訳‬‬
https://www.bible.com/1820/jhn.3.5.口語訳

このところで言う「神の国にはいる」とは救われる事である。このように書くと「人が救われるためにはキリストを信じる事が条件では?」という疑問があり得る。しかし、この箇所の後に下記の記述がある。

神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。

‭‭ヨハネによる福音書‬ ‭3:16‬ ‭口語訳‬‬
https://www.bible.com/1820/jhn.3.16.口語訳

ここで言う永遠の命を得るとは救われる事である。このヨハネの福音書3章の16節はニコデモという人がキリストに対して「新しく生まれることがありうるのか?」という問いに対する返答を要約したものである。だから、水と御霊によって生まれる事の条件が信仰であると分かる。信仰と新生は、人の責任は信じることだが、信じると神の側で水と御霊による新生という変化が与えるという関係にある。

だから、信仰と新生は一つである。新生なき信仰はあり得ない。新生は信仰の保証であり、新生があると分からない人が「信じている」といくら主張しようとも、その人に信仰がある(救われている)と断定する事はできない。では新生はどのように判断するのか。聖書は下記のように教えている。

ニコデモは言った、「人は年をとってから生れることが、どうしてできますか。もう一度、母の胎にはいって生れることができましょうか」。 イエスは答えられた、「よくよくあなたに言っておく。だれでも、水と霊とから生れなければ、神の国にはいることはできない。 肉から生れる者は肉であり、霊から生れる者は霊である。 あなたがたは新しく生れなければならないと、わたしが言ったからとて、不思議に思うには及ばない。 風は思いのままに吹く。あなたはその音を聞くが、それがどこからきて、どこへ行くかは知らない。霊から生れる者もみな、それと同じである」。

‭‭ヨハネによる福音書‬ ‭3:4-8‬ ‭口語訳‬‬
https://www.bible.com/1820/jhn.3.4-8.口語訳

キリストの新しく生まれるという救いの条件提示に対してニコデモは「肉体そのものが生まれ変わる」と理解した。しかし、キリストは霊の生まれ変わりについて、「風そのものを視覚的に見ることができないように、霊の生まれ変わりも肉体の変化によって捉えることはできない」と言っている。しかし、「風の存在をその奏でる音によって理解できるように、霊という人の内側の変化は外に現れる言動という音によって理解できる」と語っている。

霊の生まれ変わりを把握するためには、霊の奏でる音によって判定しなくてはいけない。ではその霊の奏でる音は一体どう言うものか。

しかし今は、わたしたちをつないでいたものに対して死んだので、わたしたちは律法から解放され、その結果、古い文字によってではなく、新しい霊によって仕えているのである。

‭‭ローマ人への手紙‬ ‭7:6‬ ‭口語訳‬‬
https://www.bible.com/1820/rom.7.6.口語訳

根本的な新しく生まれた霊の機能は「神に仕える」事である。ここで仕える対象は書かれていないが、この「仕える」は下記の通り、文脈から4節の「神のために実を結ぶ」事の言い換えなので神に仕えると理解できる。

わたしの兄弟たちよ。このように、あなたがたも、キリストのからだをとおして、律法に対して死んだのである。それは、あなたがたが他の人、すなわち、死人の中からよみがえられたかたのものとなり、こうして、わたしたちが神のために実を結ぶに至るためなのである。

しかし今は、わたしたちをつないでいたものに対して死んだので、わたしたちは律法から解放され、その結果、古い文字によってではなく、新しい霊によって仕えているのである。

ローマ人への手紙‬ ‭7:4, 6‬ ‭口語訳‬‬
https://www.bible.com/1820/rom.7.4,6.口語訳

このように、霊の機能は「神に仕える事」である。神に仕えるとは具体にど言うことか。

わたしたちの主イエス・キリストによって、神は感謝すべきかな。このようにして、わたし自身は、心では神の律法に仕えているが、肉では罪の律法に仕えているのである。

‭‭ローマ人への手紙‬ ‭7:25‬ ‭口語訳‬‬
https://www.bible.com/1820/rom.7.25.口語訳

ここで「心で神の律法に仕えている」とある。律法とは神の意思であり、神が人に為すべき正しいことを示したものだ。誰かに仕えるという場合、具体には仕える相手の意思に従う事を意味するので、神に仕える事と、神の律法に仕える事は同義である。そして、「心で神の律法に仕えている」事をもっと具体的示しているのが下記の記述である。

なぜなら、善をしようとする意志は、自分にあるが、

‭‭ローマ人への手紙‬ ‭7:18‬ ‭口語訳‬‬
https://www.bible.com/1820/rom.7.18.口語訳

すなわち、わたしは、内なる人としては神の律法を喜んでいるが、

‭‭ローマ人への手紙‬ ‭7:22‬ ‭口語訳‬‬
https://www.bible.com/1820/rom.7.22.口語訳

「心で神の律法に仕えている」とは善をしたいという意志であり、神の律法(善)を喜ぶ事である。神の意思である律法を喜ぶ事ことこそ神に仕える事であり、それが霊の機能である。だから、22節の内なる人とは霊のことと理解すべきである。霊があるならば神の律法を喜んで守ろうとする思いがある。それが霊があるか否かの判断基準である。そして、その人思いはなんらかの形でで外に現れる。その人の言動を注意深く観察すれば神の律法を喜んでいる心が見える。その心が見えた時その人の新生を認知する事ができる。

ただし、注意すべきは常にその心が外に現れるわけではないという事だ。実は上記に引用したローマ人への手紙7章は霊があるのに正しい事ができないという現実を教えている。少し長くなるが、7章の該当箇所の前後を全て引用すると下記のようになる。

わたしの内に、すなわち、わたしの肉の内には、善なるものが宿っていないことを、わたしは知っている。なぜなら、善をしようとする意志は、自分にあるが、それをする力がないからである。 すなわち、わたしの欲している善はしないで、欲していない悪は、これを行っている。 もし、欲しないことをしているとすれば、それをしているのは、もはやわたしではなく、わたしの内に宿っている罪である。 そこで、善をしようと欲しているわたしに、悪がはいり込んでいるという法則があるのを見る。 すなわち、わたしは、内なる人としては神の律法を喜んでいるが、 わたしの肢体には別の律法があって、わたしの心の法則に対して戦いをいどみ、そして、肢体に存在する罪の法則の中に、わたしをとりこにしているのを見る。 わたしは、なんというみじめな人間なのだろう。だれが、この死のからだから、わたしを救ってくれるだろうか。 わたしたちの主イエス・キリストによって、神は感謝すべきかな。このようにして、わたし自身は、心では神の律法に仕えているが、肉では罪の律法に仕えているのである。

‭‭ローマ人への手紙‬ ‭7:18-25‬ ‭口語訳‬‬
https://www.bible.com/1820/rom.7.18-25.口語訳

ここでは、救われた人も霊に対立する肉があると言っている。肉は悪を喜び救われたクリスチャンもは悪を行う。その行いを見る時、霊の音がしていないように感じる。しかし、救いはそれによって損なわれないと言うのが聖書の教えだ。だから、この7章に続いて下記の言葉が続く。

こういうわけで、今やキリスト・イエスにある者は罪に定められることがない。 なぜなら、キリスト・イエスにあるいのちの御霊の法則は、罪と死との法則からあなたを解放したからである。

‭‭ローマ人への手紙‬ ‭8:1-2‬ ‭口語訳‬‬
https://www.bible.com/1820/rom.8.1-2.口語訳

そうなると霊の存在の確認は難しくなるが、そこは見分ける方法はある。基本的肉に由来する悪があるか否かは救いには関係はない。純粋に神の律法を喜び、善をしたいという思いがあるならば、霊の存在は確かだ。霊があるならば、肉との戦いがある。そこに大きな葛藤がある。普通の人は悩まないような小さな悪を自分の中で許す事ができない。まず、そこが原点である。また、霊があるゆえに、神の律法を喜ぶゆえに出てくる行いも必ずある。ここでは触れられていないが、パウロというクリスチャンが霊のゆえに神に仕えた事は沢山聖書に出てくる。

盲目なパリサイ人よ。まず、杯の内側をきよめるがよい。そうすれば、外側も清くなるであろう。

マタイによる福音書‬ ‭23:26‬ ‭口語訳‬‬
https://www.bible.com/1820/mat.23.26.口語訳

内側が変われば外に現れる。それが聖書の教えるところだ。霊が存在するゆえに、神の律法を喜ぶゆえに出てくる行いが、確実に存在する。留意すべきは肉によって悪を行なっていても、霊による行いが存在するならば、霊の存在は揺るがない。そこに神の律法を喜ぶ心のゆえに現れる行いがあること。それが霊の判断基準である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください